福岡ならここがおすすめ!大腸の内視鏡検査比較

Home > 福岡での大腸内視鏡検査について > 福岡には大腸内視鏡検査を実施している病院が多くあります

福岡には大腸内視鏡検査を実施している病院が多くあります

 大腸の病気にはいろいろあります。大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎等、特に大腸がんについては、肺がんや胃がん等と並んで死亡率の上位を占めているのは周知の事実です。確かに今の時代は二人か三人に一人の割合でがんで亡くなる人が多いものの、やはり自分が、がんに罹ってしまったとなると平静を保ってはいられないのが普通かも知れません。そこで最近では、大腸等の内視鏡検査を希望する人が急増しているということをよく耳にします。内視鏡による大腸の検査は日本全国の病院で実施しているようですが、福岡県の病院でも数多く行われています。大腸の内視鏡検査を受けるきっかけとなるのが、排便時に便に血が混じっていたとか、便秘と下痢を繰り返すようになったとか、便が以前よりも細くなった等の理由が挙げられます。

 そこで、内視鏡検査を受けることとなるのですが、まずは病院に行って検査日の予約をする必要があります。最近はこのこの検査を希望する人が多くなってきていますので、今日予約して明日という訳にはいかないようです。医師の予定と自分の予定を考慮して日程を調整しなければなりません。検査日が決まったならば、当日あるいは前日の食事内容や検査の準備について説明がありますのでよく聞いておかなくてはなりません。検査前日の夕食は早めに、軽めの消化の良いものを食べなくてはなりません。また、病院によっては就寝前にコップ一杯位の下剤を飲むように指示されるところもあります。検査当日は食事や喫煙は厳禁です。起床後はゆっくりと時間をかけて、約2リットルの下剤を飲み切ります。数回のトイレ後、便が茶色から透明になれば大腸の内部がきれいになってきた証ですので、そうなったら病院に行きましょう。

 病院によっては、病院に到着後に下剤を飲ませるところもありますので指示に従いましょう。ただ、自分で車を運転して行くのは控えるべきです。大腸がきれいになったらいよいよ検査ですが、その前にお尻に穴の空いた検査着に着替えます。その後、鎮静剤を注射したり、場合によっては緊張を和らげる注射をすることもあります。検査はベッドに横向きになりますが、お尻から内視鏡が挿入されますので、全身の力を抜いてリラックスしましょう。医師は映像を見ながらゆっくりと内視鏡を挿入していきます。検査自体は数分から数十分ですが、腸の曲がった部分を内視鏡が通過する際、痛みを伴うこともありますので素直に申告しましょう。検査時に組織細胞やポリープを切除した場合、病院によってはしばらく安静にしてから帰宅させるところもありますし、一泊の入院をさせるところもあります。検査後の車の運転は厳禁ですが、食事については概ね検査から数時間後には可能になります。全て医師の指示に従いましょう。組織細胞等を採取して検査する場合は、また後日検査結果を聞きに行きましょう。大腸の内視鏡検査は難しいものではありません。福岡県内でも数多く行われていますので、体調に不安のある人は受けておくべきでしょう。

次の記事へ

ページトップへ