福岡ならここがおすすめ!大腸の内視鏡検査比較

Home > 福岡での大腸内視鏡検査について > 福岡で大腸の内視鏡検査を受けてみよう

福岡で大腸の内視鏡検査を受けてみよう

 現代の日本の食生活は、野菜や食物繊維が不足気味で、肉類や油脂などを多く含んでいる食品を食べる機会が増加しています。便秘や下痢を繰り返したり、血便などが見られる場合は、腸の病気に罹っている可能性があります。福岡の病院では、経験豊富な医師や医療スタッフが在籍をしており、体に負担の少ない検査を行っています。内視鏡検査は肛門から、専用の医療器具を挿入して、直腸や大腸などの病変を早期発見できるので、幅広い年代の人が精密検査を受けています。腸の検査は時間が掛かるとか、苦痛を伴うなどのイメージを持たれている人が多いですが、病院では麻酔を使用した体に負担の少ない検査を行っているので、痛みに敏感な人も安心して下さい。事前に診察やカウンセリングを行い、一人一人の体格や体重に応じて麻酔の量を加減してくれます。

 中高年以降の人だけでなく、若い年代の人も食生活の偏りや精神的なストレスが原因で、腸の不調に悩んでいる人が増えています。腸の不調を放置しておくと、腸炎やがんなどの病気に罹る可能性があるので、早めに対策を取っておく必要があります。検査の前日は午後の7時ぐらいから、食事を控える必要がありますが、ミネラルウォーターや水素水は摂取できます。前日は十分な休息や睡眠を取っておく必要があります。体に負担の少ない検査が受けられるので、体のデリケートな高齢者でも安心できます。検査の当日は着脱がしやすい、ゆったりとした服装を心掛けることが大事です。リラックスできる個室で精密検査が受けられるので、プライバシーも厳守してもらえます。地元で信頼の高い病院では、最新の医療設備が整っているので、安心して下さい。

 便秘や下痢、血便などの自覚症状が出てから、検査を受ける人が多いですが、病気を早期発見するためには、自覚症状がないうちから、検査を受けることが大事です。以前に比べると医療技術が向上をしており、痛みをほとんど感じず、短時間で精密検査が可能になっています。高精度な医療機器を使用しているので、小さい病変も発見しやすくなっています。病気を早期発見できれば、内服薬による治療が受けられます。現代は直腸などのがんに罹る人が増えていますが、病変部分が小さい場合は開腹手術を行わなくても、体に負担の少ない手術が受けられます。現代はがんも早期発見ができれば、入院期間も短くて済みますし、外来による治療が可能になっています。お腹がはったり、ゴロゴロするなどの体の不調を感じたり、腹痛を伴う場合は、早めに検査を受けましょう。

次の記事へ

ページトップへ