福岡ならここがおすすめ!大腸の内視鏡検査比較

Home > 福岡での大腸内視鏡検査について > 福岡での大腸内視鏡検査後の食事はまずは水を飲んで体調確認を

福岡での大腸内視鏡検査後の食事はまずは水を飲んで体調確認を

 病院受けるあらゆる検査には注意事項がありますが、福岡での大腸内視鏡検査前にも注意事項はあります。水分に関しては多めにピュアな水などを飲みのは良いことであり、意識的にいつもより飲む様にすることです。予約日の2日から3日前からは、種のあるメロンやスイカにキウイなどの果物は控えること、植物性の皮を持つトマトも食べないようにして、キノコ類も控えるようにします。前日の食事に関しては早めに食べ終わること、内容的には消化が良いもので料は軽めにすることです。睡眠前の下剤や腸を活発にする薬を就寝前に飲みますが、お腹がもともと弱い人は量を減らすか飲まないかにします。これまでにも検査を受けていて、前日の下剤が大変だった人であれば、固形物を前の日には食べないようにして、飲み物と半固形のゼリーなどにすることで、当日の下剤も減らす対応が可能です。

 これから福岡での大腸内視鏡検査を受けるのであれば、検査に対しての不安は大きなものです。思いのほか大変な検査と感じる理由の一つは、大腸内視鏡検査は時間がかかるためであり、検査の準備も必要になります。どちらかというと検査をするための、準備の方が時間がかかり、検査は20分から40分くらいです。ファイバーをお尻から挿入をして大腸の検査を行いますが、人間の大腸にはたくさんの便があります。検査を行うにあたりそれらは、スッキリ洗い流さなくてはなりません。腸内をクリーンにするために腸内洗浄液を飲むことになりますが、2時間くらいかけて15000㏄ほどを飲み切ります。検査を受けることよりも、多くの人がつらいと感じるポイントは、実はこの腸管洗浄液の方という人も少なくはありません。大腸の検査により痛みを1番心配する人は多いですが、思っていたよりも痛みは少なかったという意見は多いです。

 福岡での大腸内視鏡検査を受けた後は、まだお腹が張っている状態ですので、ガスを出すようにします。時間が経過をするのとともに、だんだん楽になるので、横になって体を数回ほど回転させると、体内からガスは抜けやすいです。病院へは公共の交通機関を利用するか、誰かに送迎をして貰うことになるのは、検査後には自動車の運転はできないためであり、検査にはさまざまな医薬品を使用します。検査後すぐに固形物を入れる前に、まずは少しだけ水を飲んでみて、体調が悪くならないかを確認です。水を飲んでも問題が無いようであれば、胃腸に優しいメニューで食事を食べて大丈夫です。検査と一緒に手術をした場合は、生活に関わることや食事などのことも、ドクターや看護師からの指導や説明があるので守るようにします。

次の記事へ

ページトップへ