福岡ならここがおすすめ!大腸の内視鏡検査比較

Home > 福岡での大腸内視鏡検査について > 検査と同時進行で治療も施すことが可能な福岡での大腸内視鏡検査

検査と同時進行で治療も施すことが可能な福岡での大腸内視鏡検査

 年齢的には40歳をカウントしてからが増加傾向にあるのが大腸がんであり、最も多い年代は60代です。大腸の検査は福岡での大腸内視鏡検査を受けることができますし、リアルタイムで大腸内部を確認できる方法になります。潰瘍や腫瘤などが大腸内にできていたときにも、肉眼で確認できる手段であり、大腸の健康を守る有効な検査です。内視鏡は肛門からの挿入をしていき、盲腸から直腸までの最深部分まで検査をして、精密に調べていきます。途中でもしも腫瘤などが見つかって、それが悪性の疑いがあるようなら、組織をするに採取することが可能です。即座に切除術を行う腺腫のサイズとしては、大きさが5mm以上の場合になります。精密な大腸からの検査を行いながら、一緒に治療もできるのが大腸内視鏡検査です。

 内部はパッと見てわかるものではないですから、大腸内に何か問題が起きていないか、検査をすることができるのが、福岡での大腸内視鏡検査です。内視鏡の先には小さなカメラがついていて、肛門から体の中へ医療機器を入れて大腸内部を検査します。カメラをとして検査をしながら内部を観察ができますし、病変発覚時には一部の粘膜を搾取しての、生検もすることが可能です。イメージが先行しているので、大腸検査は痛みが強くて苦しそうと印象のある検査でもあり、そのため敬遠しがちな検査でもあります。大腸がんもそうですが、大腸の疾患は本人では大変気が付きにくく、疾患が進行をして悪化した後で、やっと自覚症状が出てくるので、早期検査は大事です。早く病気などが見つかれば、それだけ早く治療ができるので、大腸を健康な状態で維持しやすくなります。

 特に初めての福岡での大腸内視鏡であれば、ほぼ間違いなくすべての人は緊張をしますし、痛みなども不安を感じるのは仕方ないことです。ドクターサイドとしても、肛門からの挿入手技が未熟であれば、違和感や痛みを感じやすくなります。内視鏡の細径化は進んでいますので、これまでのような器具挿入時のつらい負担は、だいぶ軽減されているのが現状です。内視鏡は動かして検査をしていくので、大腸内を移動するその感覚は、腸壁や粘膜への圧迫がありますし、それは避けられません。横になっているだけでよいCT検査もありますが、大腸内市場検査は圧迫や違和感などのデメリットはつきものです。傷みに関しては熟練したドクターであれば、大腸内視鏡挿入での痛みは解決されますし、鎮静剤も現代では進歩をしています。

次の記事へ

ページトップへ