福岡ならここがおすすめ!大腸の内視鏡検査比較

Home > 福岡での大腸内視鏡検査について > 大腸の検査と福岡県の現状に関して

大腸の検査と福岡県の現状に関して

 便を見ると健康状態が分かると言いますが、逆の見方をすれば便から危険なシグナルが出ていることがあります。血便や下痢が長く続くようであれば、近くの医院を受診することを推奨します。大腸や直腸の検査方法としてポピュラーなのが、内視鏡ではないでしょうか。胃の内視鏡と同様に、近年は精度が上がっていて受診率が急激に上がっています。最も気になるのが、大腸がんではないでしょうか。大腸がんの発症患者は年々増えていて、死因の上位にランクインしています。予防の出来るがんではありますし、年に一度は内視鏡検査を受けることがベストです。以前の検査と言えば、太い管に悶絶するケースがありました。しかし、検査器材の発展と共に苦痛は少なくなっています。医師とコミュニケーションを図りながら検査が出来るので、安全性も高いと言われています。

 福岡県内には内視鏡検査を行える病院がたくさんありますし、医師のレベルも高いと言われています。医師の技術によっても苦痛が左右されますし、異変を見落とさない経験が何よりも重要ではないでしょうか。がんと診断されたとしても、初期であれば内視鏡で除去することが出来ます。一週間以内に退院することが出来ますし、心身へのダメージを最小限に抑えることが可能です。女性の大腸がん患者が増えていますし、慢性的な便秘であっても自己判断をせずに、医師に判断を委ねるようにして下さい。大腸がんは仮にステージⅣであっても、生存率が他のがんに比べると高いと言われています。症状を放置しないことが大切ですし、自分の体調を知っておくことが大切ではないでしょうか。検査を恐れる必要はありませんし、プロの判断を尊重して下さい。

 内視鏡検査を受ける前には、大量の下剤を飲む必要があります。下剤の味も飲み易くなっていますし、検査に対するストレスも軽減されています。検査の数日前から軽めの食事にしておくことで、便通が良くなるはずです。便通が良くなることで下剤の効果も高くなりますし、内視鏡検査の際も隅々までよく見えると言われています。福岡県の医院の医師は、経験が豊富で丁寧な説明をしてくれる方ばかりです。検査の手順や治療方針も明解ですし、全て任せて安心と言えるのではないでしょうか。大腸は健康度を計るバロメーターですし、患ってしまうとQOLの低下は避けられません。最悪の場合は死に至ることもありますし、早期の発見と治療が欠かせません。40歳は一つの転換期ですし、人間ドックを含めて検査を受けることが大切です。

次の記事へ

ページトップへ