福岡ならここがおすすめ!大腸の内視鏡検査比較

福岡県で大腸の内視鏡検査ができるクリニックを探す

福岡県には、大腸 の内視鏡検査ができるクリニックは結構あります。各々のクリックによって料金やサービスなどが異なります。自分に適したクリニックを探す場合には、とにかく複数のクリニックの特徴を調べる必要があります。その際に便利なのが、こちらの比較サイトであります。

この比較サイトでは、福岡県にある大腸 の内視鏡検査を実施しているクリニックの特徴を詳細に比較することができます。料金が安い所やサービスが充実している所、そして実績数などの比較が可能です。そうした各々のクリニックの特徴を比べることができるため、自分自身に最適なクリニックを探すことができるようになります。

またこの比較サイトでは、これから大腸 の内視鏡検査を受ける人のために役立つ豆知識も提供しています。その役立つ豆知識はとても為になる情報となっていますので、こちらの比較サイトに訪問した際には一度は閲覧しておきましょう。

福岡天神内視鏡クリニック

評価
★★★★★
サービス性
★★★★
情報の多さ
★★★★
使いやすさ
★★★★★
顧客満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

福岡で、苦しくない胃や大腸の内視鏡検査ができます。苦しみに耐えながら、多くの人が従来の検査方法で検査をしています。これは、患者にとって、大きな負担になりますし、検査自身を嫌いになってしまうかもしれません。

そうなると、積極的に検査に訪れることが少なくなってしまいます。福岡天神内視鏡クリニックでは、苦しみを感じない内視鏡検査を提供して、少しでも不安な感情と直結することを防いでいます。世界最新鋭の器材が使うことで、ちょっとした変化も見逃しません。

また、大腸がんを発見するのには、便潜血検査だけでは不十分なこともあることを教えてくれます。早期発見に繋がるのは内視鏡検査です。まったく、効果がないわけではないのが、この問題の難しい部分です。

なもと内科・胃腸クリニック

評価
★★★★★
サービス性
★★★★★
情報の多さ
★★★★★
使いやすさ
★★★
顧客満足度
★★★
公式サイトはコチラ

なもと内科・胃腸クリニックでは最新型の大腸内視鏡を使用しているため、まだ小さな早期の大腸癌の発見にも、大変有用な検査を福岡で受けることができます。大腸への負担も小さく検査後のおなかのはりも軽減できる検査です。基本的に鎮痛剤などは必要としませんが、ご希望なら少量の鎮痛剤や鎮静剤を使うこともできます。

なもと内科・胃腸クリニックなら、大腸内視鏡前処置室としてトイレがついた完全個室を3室ご用意しています。このため検査の前の処置もリラックスして受けることが可能です。そのうちの1室はオストメイト対応の多機能トイレも完備していて付き添いの方とお二人でも過ごせる広さがあります。(直腸癌手術などで人工肛門の状態の方のための前処置を行っています。)

大腸内視鏡前処置室には別のタイプもあり、こちらは大きなリクライニングチェアーでゆっくり前処置を受けることができる処置室です。専用のトイレもついています。なもと内科・胃腸クリニックは検査装置の性能も熟知していて、患者さんに最も合った検査をご提供します。

松坂クリニック

評価
★★★★
サービス性
★★★
情報の多さ
★★★
使いやすさ
★★★★★
顧客満足度
★★★
公式サイトはコチラ

松坂クリニックは大腸や内視鏡の検査を福岡で行ってくれるクリニックです。こちらのクリニックは、女性の医師が行ってくれるので、女性の方でも安心して検査をしてもらう事できます。それから恥ずかしいとか痛い等の不安も解消してくれます。

また、松坂クリニックは福岡の検診もしてもらう事が出来るので便利です。胃がんや大腸の検査をしてくれる他、肺炎ウイルスや前立腺がんなども検診してもらえます。また、他にも企業健診も行ってくれるので安心して任せる事が出来ます。

それからこちらの松坂クリニックは検査実績が数多くあります。内視鏡の検査は年間1000件以上、それから消化器官のがんの発見件数も20件あります。また、内視鏡治療も年間で370件以上あり安心して診てもらう事が出来ます。

福岡胃腸クリニック

評価
★★★★
サービス性
★★★
情報の多さ
★★★★
使いやすさ
★★★★★
顧客満足度
★★★
公式サイトはコチラ

福岡胃腸クリニックは福岡でほとんど苦痛を感じない胃・大腸の内視鏡検査を実施しています。内視鏡検査は痛い、きついというイメージが強く敬遠されることもあるのが現実です。しかし福岡胃腸クリニックでは15万例を超える豊富な実績、そして検査技術の進歩と安全な安定剤を使用することなどによって、ほぼ眠った状態での苦痛のない内視鏡検査を受けることができます。このことは正確な診断、それに的確な治療へもつながります。

腹痛、便秘、下痢などのお腹の症状を、市販薬などに頼って結果的に病気を悪化させるケースが多くあるのが現状です。このために治りにくくなり治療を長引かせてしまっています。正確な診断は病気を早く的確に治すために必要不可欠なことです。

日本人の大腸ガンは増え続けています。大腸ガンは進行しなければ症状がないため気づきにくい病気です。大腸内視鏡検査を受けることで、ポリープの状態なら内視鏡での治療が可能となります。また、大腸ガンは適切な時期に発見すれば完治は可能な病気です。内視鏡検査には大きな意味があります。

福田肛門科医院

評価
★★★★
サービス性
★★★★★
情報の多さ
★★★
使いやすさ
★★★★★
顧客満足度
★★★
公式サイトはコチラ

福田肛門科医院は福岡で内視鏡検査による大腸がんなどの早期発見と治療に努めています。大腸がん検診に力を入れていて、早期発見ならば治る可能性の高い大腸がんの早期発見と治療のために、できる限り苦痛の少ない楽な検査を行って内視鏡検査の普及に取り組んでいます。

現在は大腸がんの患者さんが急増しているという現実があり、この病気は自覚症状が出にくいため、40歳以上の方なら特に検査を受けることが大切です。悪性になる前のポリープの段階なら、ほとんどの大腸がんが予防できます。

肛門からの出血を痔が原因だと自己判断するのは危険なことです。大腸がんが潜んでいることが少なくないからです。検診で便潜血検査が陽性であったり、あるいはご家族に大腸がんや大腸ポリープを患われた方がいらっしゃる場合などには、大腸内視鏡検査をおすすめします。福田肛門科医院なら、経験が豊富な医師が最も負担が少ない軸保持短縮法で丁寧に検査を行うことが可能です。

きむらしろうクリニック

評価
★★★
サービス性
★★★★
情報の多さ
★★★
使いやすさ
★★★
顧客満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

きむらしろうクリニックでは、胃や大腸を中心に内視鏡を使って検査を福岡で行ってるクリニックとなってます。内視鏡専門で行ってることから、胃がんや大腸がんの早期発見に役立ったりしています。大腸のポリープが見つかった時には、日帰り手術も可能となってます。

抗加齢学会専門医ということから、アンチエイジング医療の一環としてサプリメントのアドバイスなども行ってます。また、メタボリック症候群などの生活習慣病の治療にも力を入れてます。休診日は、木曜午後と日曜祝祭日となってます。

診療科目としては、内科や消化器内科、胃腸内科など幅広く診てもらえるようになってます。定期検診や人間ドックも受け付けてますので、健康状態が気になる方には、ぜひおすすめ出来ます。その他、禁煙外来や在宅医療・往診も行ってますので、寝たきりで診察に来れない高齢者の方に嬉しいサービスを行ってます。また、サイトから院内ツアーをご覧になれるようになってますので、興味がある方には、どのようなクリニックなのか確認することが出来ます。

福岡での大腸内視鏡検査の前日の夕食は消化の良い献立に

福岡で大腸内視鏡検査をすることになったら、検査予約をした前の日の食事には注意をする必要があります。何時もなら健康のために食べるほうが良いとされるものでも、大腸内視鏡検査前日には、控えなくてはいけない種類に分類されることがあるので、食べてはいけないものも確認です。主食として玄米を食べることは、白米が削ぎ取られていない状態なので、健康にも良いとされています。しかしいつもなら玄米は素晴らしい栄養評価ですが、大腸内視鏡検査前日には、玄米を食べることはNGです。低カロリーの代表格であるこんにゃくや、麺類の中でもヘルシーという地位を不動のものとしている蕎麦、カロリーが低くてお腹も満足するキノコも、検査前日には控えます。ビタミンや酵素が惜しみなく含まれる、野菜や果物を食べることも控えるべきなのは、それらはすべて消化が良くはなく、そのため検査の妨げになりやすいためです。

大腸の健康状態を病院で調べてもらうのであれば、福岡でも大腸の内視鏡検査を受けることができます。予約を入れたら前日から予約当日までの、いくつかの注意事項がありますので守ることです。食事に関しての注意事項もありますが、意識的に取り組みたいのは、検査の前日は早めに布団に入って眠ることであり、睡眠をないがしろにはできません。普段はめったに行わないような検査であり、医療機関といえども受ける本人にしてみれば、恥ずかしい気持ちも出てきますし、緊張感が強くなる検査です。人間にとって夜の眠りには大きな意味があり、体内の修繕活動を行ったり、成長ホルモンをたっぷり分泌させたり、人の健康に深く関わります。良く寝ておくことで心身ともにリラックスをしやすいですし、疲れを残すことなく検査を受けることで、無駄に傷みを強く感じることはなくなります。

明日は福岡での大腸内視鏡という人であれば、前日には何を食べてよいかを悩みます。あらかじめ病院などでも、食べてよいものをアナウンスしてくれるので、食事に関して不安を持つことはありません。できるだけ消化が良い食べ物が望ましいので、柔らかくて食べやすいうどんやそうめんは、前日の食事の主食として良い選択です。パンも柔らかくて消化が良いので食べられますが、ドライフルールやライムギなどを含まない種類を用意します。食パンにはスイートな甘みを求めて、ジャムやマーマレードを付けたくなりますが、これらは控えてはちむつだったらOKです。ヨーグルトや牛乳は控えますが、豆腐や卵などは食べられますし、おかゆや豆腐の味噌汁も食べられます。以外かもしれませんが、巻きずしやちらし寿司なども食べてOKですが、トッピングのショウガはだめです。消化に良いメニューを前日には食べるようにして、20時には完全に夕食を終わらせます。

ページトップへ